デグミちゃんの最後を見届けたお話

2018年9月20日にメスデグーのデグミちゃんが亡くなりました。3年半という短い寿命になってしまいました。
前のブログで熱中症で立ち直ってからすぐの事でした…。

原因はケージから落ちて後ろ足を骨折、自力で餌がうまく食べられず栄養失調になり、一気に弱っていき亡くなりました。
小動物は調子が悪くなると一気に悪くなります…そしてほんとにすぐ亡くなります。
みなさんにはこんな悲しい思いをしてほしくないので、私の経験が参考になればと今回のブログを書くことにしました。

デグミが骨折してから数日間のできごと

2018年9月11日 デグミの足が晴れていると母から連絡が入る

デグミはわたしの実家で飼育していたので、母からデグミの足が腫れていると連絡がありました。
あまり動き回るとますますひどくなってしまうので、小さいケージに移動してもらいました。
(もし、小さいケージが無いという方は虫かごに入れてください。)

2018年9月17日 デグミを私の家に連れて行く

デグミちゃんの調子が悪いようで、私の家に連れて行きました。それまでペレットを食べていたのですが、食べずらそうだったので翌日病院へ行きました。

2018年9月18日 動物病院へ

足のレントゲンをとってもらったところ、後ろ足の右足がひどい骨折をしていました。
小動物の手術はとても難しいらしく、この病院では受けていないとのことで、別の市の小動物専門の病院を教えてもらいました。
ただ、複雑な骨折をしているので、その専門病院でも手術を受けてくれないかもしれないとも言われました。
手術代は明確にはわかりませんが、おそらく高額とのことです。
この日は流動食と栄養注射を打ってもらいました。

2018年9月19日 翌日さらに弱り動物病院へ

翌日、かろうじて息をしているくらいでかなりぐったりしていました。

病院に行くと、昨日まで動いていたのにとデグミの弱った姿に先生もびっくりしていました。
先生の手でもどうにもならないほど弱り果てていたので、このまま見届けてあげてくださいと言われました。
少しでも長く生きてほしく栄養注射を打ってもらい家に帰りました。
この日はずっと動くこともなく息だけしている状態でした。

2018年9月20日 11時56分デグミちゃん永眠

朝はまだ息があったのですが、午後前に亡くなりました。
雨だったこともあり、2日後に実家の庭に埋葬に行きました。

もう少し早く気づいてあげられたら…などいろいろ後悔してしまいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*