アンデスの歌うネズミ デグーについて

デグーってどんな生き物なのか、紹介していきたいと思います。

生態

体長は尻尾を含めなければ12cm – 20cmほどで、体重は350g以下である。寿命は5年から8年。近年、日本でもペットとして人気が出ている。歯は黄色いのが普通で、白いと病気の可能性がある。
毛色はもともとの色であるアグーチ色に加え、稀に青や銀に近い色味をもったブルーが存在する。その他、主にペット用にブラック、ホワイト、サンド、パッチド(斑)などの色変種も生まれている[1]。
野生下では山脈に暮らすため、リスやチンチラほどではないが高い脚力がある。齧歯類としては耳が非常によく、視力もラットやハムスターに比べると高いが、嗅覚は齧歯類としては飛び抜けたものではない。このため出来るだけ高地に登って聴覚・視覚を生かして周囲を警戒しようとする習性をもつ。

wikipedia内デグーより引用

だいたいぐぐれば出てきますねw
ですので、ざっくり説明していきたいと思います。

寿命について

デグーの寿命は5~8年くらいだそうです。
同じげっ歯類のねずみやハムスターの寿命は2~3年ですので、その中では長生きですね。
昔ハムスターを飼っていたことがあるのですが、(最大で7匹になりました!)2年くらいでバタバタと亡くなっていったので、切なかった思い出があります。
ペットにするなら、やっぱり寿命が長い方がいいですね。

鳴き声について

デグーはよく鳴きます。うれしいときは「ぴぴぴぴぴ…」とないたり、びっくりしたときは「キッ」とないたり、鳴き声で感情がわかるので、コミュニケーションがとりやすいです。

食べ物について

デグーは草食なので、チモシーという牧草と水だけ与えるのが良いようです。あとはおやつとしてペレットをあげると喜びます。
我家では、ペレットのほかに、アーモンドをおやつとしてあげてます。
でもあげすぎはよくないので、気を付けて与えてください!
デグーは糖分の代謝能力が低いので、果物など糖分の高いものを与えると糖尿病になってしまいます。

雑食性のハムスター用の餌を誤って与えないように気を付けましょう。

お風呂(砂浴び)について

デグーは乾燥地帯に住んでいるので、水浴びはしないようです。
水は苦手っぽいので、水浴びではなく砂浴びをさせます。
うちでは虫かごに砂をしいて、一日一回砂浴びさせてます。

次回は、もう少し掘り下げて説明していこうと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*